福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド
PickUp

日本橋ふくしま館 MIDETTE

ふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信! MIDETTEって・・・ 福島県の方言「みでって」。 立ち寄って、見ていってくださいというお誘いの言葉です。 福島県には、地域への誇りを持ち、食と文化を守ろうとしている人々…

ほんのり屋 東京本店

ふっくらとやわらかな厳選した会津コシヒカリを使用。毎日、店でお米を研ぎ、強火で一気にふっくらしたご飯を炊いている。三角形のどこから食べても具材が出てくるおむすびは常時約14種類あり、都内近郊の11店舗で食べられる。

福島郷土料理 居酒屋なべちゃん

只見町出身のオーナーのお店。日本酒は全て福島県のもの。只見町のお酒「ねっか」、只見町産米の料理を常時楽しむことができる。福島牛、エゴマ豚、会津地鶏など、県産ブランド肉の料理や季節に応じた野菜、鮮魚の創作料理なども気軽に楽…

酒舗 らくだ

福島牛の味のクオリティや検査の安全性に惚れ込み、食を通じて福島県を応援している。メニューは福島牛の串ものを中心に会津若松市産の辛味噌を使った馬刺しなど多彩。店主おすすめの自家製牛つくねはハンバーグのようなボリュームたっぷ…

店名から探す